2006年8月10日 (木)

夏夕(なつゆふべ)

梅雨明け以来、猛暑、酷暑の日が続いていますが、皆様お元気でしょうか?こうなると平安時代の女流作家の言を待たずとも、「夏は夜ですな~」となりますね。
 という訳で先週の土曜日(8月5日)は、久々に夜の海に出てきました。10数年前、当時の同僚の紹介で出会ってから、時々船に乗せてもらっているヨットのオーナーがいらっしゃるのですが、先日もいつものようにずうずうしくお邪魔させていただきました。当日は地元のクラブレースで毎夏恒例のイブニングレースでした。レースといってもまさに草レースで、博多湾とその周辺を舞台にいつもは10:30頃スタートで実施されています。でも夏のこの1戦だけは19:00スタートで行われます。暑さを避けての事だと思うのですが、夕凪に苦しめられるレースでもあります(笑)。24:00近くになっても、多くの艇が折り返し点にもたどり着けずノーレースになったことさえあるようです。
 久しぶりの参加で、さらに仕事が押してしまったので遅刻までしてしまい、おまけに我がオーナーはは今年新艇に乗り換えたばかり。ワタシはゲスト扱い(=重要な仕事は回ってこない)とタカをくくっていたのですが、なぜか参加人数が少なくメインシート(メインセールを操作するロープ)を持たされてしまいました。まぁ、スキッパー(艇長)の近くにいて、その怒号指令のままに操作するだけですから、一番重要でないと言えますが。。。
 当日のコースは能古島を時計回りに1周。梅雨明けが遅れたためか、例年と違って地獄の夕凪にはなりませんでした。赤々と沈みゆく夕陽に向かってスタート!タック(方向転換)を繰り返しながら、風上に向かいます。島の風上側を廻って風下へ…スピン(追い風用セール)を揚げます。さらに一回ジャイブ(方向転換)を決めて、徐々に風上へ。スピンを回収して、さらに風上のゴールへ一直線。21:00前には、トップ集団のお尻の方でゴールすることが出来ました。風にも恵まれましたが、ワタシを含めてお久しぶり(≒素人)のクルーが多かった割にはいい結果でした。コレも新艇効果(笑)? 艇の上からは、遠く対岸の花火大会が楽しめたり、ゴール近くになるとF岡ドームやF岡タワーなど、F岡市の夜景も美しく、上弦を少し回った月に照らされながら、久しぶりの夜の海を堪能できました。
 その代償は1.5~2日後に訪れた筋肉痛(苦笑)。。。普段から動かさないとダメです。。。もう少し時間を作って、船に乗りに行こう乗せてもらおうと誓った週末でした。

Yacht1
今回はデジカメを忘れました(撮るヒマもなかったし)ので、以前のレースでの集合写真を(ワタシは写ってませんが)。。。

| | コメント (12) | トラックバック (0)