2006年10月28日 (土)

協奏

先週の日曜日、紺僕で初ツーリングに行って参りました。
同道したのは
Bmw_m
とか
Lotus
とか
Lion
でした。

きっかけは数週間前、Z4 M Roadsterを所有されているN氏が、U氏に「秋だし、どっかツーリング行きたいよね~」と切り出した一言でした。「イイっすね!」と即座に反応したU氏が幹事役を引き受けてくれて、N氏が目を付けていたメンバーに次々に招集がかかりました。残念ながら参加できなかったヒトもいて、結局はクルマ4台+バイク2台で西を目指すことになりました。

Z4
N氏のZ4 M Roadsterです。たぶんブラック・サファイアっていう色だと思います。メタリックですが綺麗な漆黒です。ワタシより納車は後ですが、スゴイ勢いで走行が伸びているそうです。同乗者がいなかったこともあり、N氏はほとんどの行程でオープンでした。「いつもそうだから。」さらりと言ってのけるN氏はオープン乗りの鏡です。

307cc
幹事役だったU氏の愛機、アデン・レッドの307CCです。5MTでしたからsportというバージョンのハズです。WRC仕様のバンパーやら、羽根やら、OZのホイールやらてんこ盛りです。最近のPEUGEOTの特徴である大きな口がないと、何だか違うクルマに見えますね。奥様連れでの参加でしたが、奥様もクルマ好きのようでみんなと一緒になってエンジンルームを覗き込んだりされていました。そういうかただから、このモディファイを許してくれるんでしょうね(^^;

Ex_and_307
そして今回一番目立っていたT氏のExige!あちこちで周囲の視線をくぎ付けにしていました。ブリティッシュレーシンググリーンはいかにも似合いますね。確か納車は今年に入ってからだと思います。雨の日は乗らないらしく、走行は3000km程度だそうです。ご本人は「軟弱仕様!」と謙遜される、ツーリングパックを装着しているのでエアコンも、パワーウィンドウもあったりします。いずれにせよ乗降は大変ですけど(^^ゞ 全くの余談ですが、若く見えたT氏、実はワタシより10歳年上でした。ビックリ!

Motos
さらにモトが2台。O氏のBMW K100RSと、Y氏のNinjaです。今回はあまり突っ込んだ話にならなかったのですが、二人ともかなりのバイク暦のようです。

集合が8:30とやや遅かったこともあり、自己紹介もそこそこに西へと出発です。目指すは長崎県雲仙普賢岳!

Kanmon
関門橋を渡り九州へ!

All
途中のSAでのひとコマ。最近のクルマ事情から考えると、4台ともMTなんて珍しいかもしれません。おまけに見事に色違いな集団です。あと1色あれば秘密戦隊になれますし、いろんな国旗をあらわすこともできますね。黄色か白がいいかなー。

それにしても今回はまともな集合写真がありません(^^;)。これなんかまともなほうですが、モトが入っていませんね。写真をとろうとすると、クルマの周りでクルマ談義が始まっちゃうんですよねー。ワタシもそうですが、皆さん久しぶりのツーリングのようでしたし、おまけに現在の車になってからは初ツーリングだったようで、走るのも見るのも喋るのも楽しくて仕方がない感じでした。
モト軍団の疲労を考えて、多めに休息を取りながら、九州縦貫道から長崎自動車道へ。思ったより時間がかかりましたが、お昼前には諫早ICにたどり着きました。やはり初ツーリングということで、速度は皆さん押さえ気味だったようで…途中でモト軍団が我慢できずに、ぶっちぎり始めてからはやや速度が上がりましたけどね。。しかしK100RS速い、速い。今度からバイクにあおられたら、素直に道を譲ることにしました。
R34からR57へ、下道を小浜温泉を経由して雲仙に向かいます。土地カンがなく、やや交通量が多く、クルマ+バイクの混成軍団であったことが災いして、市街地の移動はてこずりましたが、郊外に出ればこっちのモノ!Exigeを除いてオープン軍団となって、秋の高い空を楽しみます。小浜から雲仙へのちょっとした山道を満喫して、ようやく雲仙国立公園に到着しました。
雲仙旅の麦酒館にて麦酒カレーで腹ごしらえ(アルコール分はありませんよ、念のため)して、もう一度山道へ。仁田峠循環有料道路(名称はうろ覚え)に入ってみます。通行料770円を支払うと、そこは一方通行の山道です。

Run_e
こんな感じで楽しいんですが…

Run_b
この日は秋晴れの休日。すぐ前が詰まっちゃいます。

Heisei_dome
第2展望台から平成新山を望む。
さらに雲仙ロープウェイで妙見岳の展望台へ。

Kouyou
山の上とはいえ、南国九州。まだ紅葉には少し早かったですね。
その後帰りの時間を気にしながら、島原方面に山を下ります。楽しそうな道を探して、まゆやまロードに入ります。
平成新山ネイチャーセンターの駐車場で最後のおしゃべりタイム。

Meeting
もう帰らないといけないのに、みんなグズグズしています(^^;;)

Nose
全車集合!

暮れていく空に急かされて、家路をたどります。この頃から霧雨が落ち始めたので、バイク軍団はここでお別れ。先行して帰路を急ぐことになりました。諫早市街でまたもやノロノロ運転に巻き込まれ、高速に乗れた頃にはもう日が暮れてしまいました。断続的に降る小雨の中、T氏のExigeはややペースダウン気味。何せ純正のA048タイヤはほとんどSタイヤかといわんばかりに溝が少ないですから。。斜めはあっても、縦方向には溝がない(^^;

Night
最後の集合写真。すっかり夜です。手持ちでぶれてますが、ボンネットの上の細かい水滴が分かりますでしょうか?

事故もなく終了して、ツーリングはとにかく楽しかったのですが、バイク軍団や雨禁のT氏には申し訳ないことになってしまいました。これに懲りずに、また遊びましょうね>皆さん。

600km
我が家にたどり着いて。走行は678.9km、燃費は11.2km/lでした。今回参加の車の中では燃費+タンク容量の関係で、もっとも給油に余裕があったのは紺僕でした。Exigeは燃費は良いんですけど、タンクが小さいんですね。

すっかり長くなっちゃいました。駄文にお付き合いくださった方、ありがとうございます<(_ _)>。

| | コメント (35) | トラックバック (0)

2006年9月30日 (土)

色彩

9月ももう終わり。貯め込み小ネタ第4弾です。どんどんスケールダウンしていきます(笑)。ショートシフターキットを取り付けた時に、金銭感覚の麻痺に乗じて、も一つ頼んじゃいました。
これ↓です。

Color

カラードセンターキャップです。テクイップメントプログラム価格23,116円也~
オプションカタログを眺めていた頃には「色をつけるだけで、この値段かよぉ」とか考えておりましたが、納車されてみると何となくサイドビューが寂しい感じ。「う~ん」とか思っているときに担当氏にも後押しされて、財布のひもはもうユルユルです。

以前の状態はこんな↓感じ。
Mono

でもこの当時から一部はカラー化されていたんです。さてどこでしょう?Sじゃないのでキャリパーは黒ですし(涙)。
もったいぶるほどのネタでもないので、すぐに告白します。
Bulb_1
 納車時に担当氏から貰ったモノです。「古いヤツですが、倉庫で見つけました。社外品なのでアレなんですけど、もしお使いでしたら…」と。。。
Maid in the USAのLOGO CAPSってヤツでした。素材はABS CHROMEと書いてあります。純正の質感にはさすがに及びませんが、ワタシは喜んで使っておりました。しかしだんだんと物足りなくなって。。。結局この顛末でございます(^^;)。
はっ?!もしかして、そこまで先を読んでこれを…?!>担当氏(笑)

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

屋根

 このタイトルで「開ける!」と反射してしまったアナタ、根っからのオープン乗りですね^^。そんな貴方(貴女)には申し訳ありませんが、ボクスターの屋根の話題ではありません。遅れましたが、貯め込んでいたネタ第2弾です^^;。

 わが家のガレージは1台分しかないので、紺僕購入前は内部に家人のMINI CONVERTIBLE(当時わが家で一番新しかったので)、その前のスペースにワタシの前車という布陣でした。紺僕納車後はこれを逆にして、紺僕様にガレージに納まっていただく予定だったのですが…(下の写真みたいに)

Before
 ワタシが通勤快僕で殆ど毎日紺僕を出動させるのに対し、家人は買い物やら、たまーにレンテを病院に連れていく時に使うのが関の山。明らかに稼働率が違います。ということで自然にMINIはガレージの中、紺僕は外、という形が定着していく流れを止めることは出来ませんでした。家庭内の序列(優劣?)が微妙に影響した可能性に関しては、今回コメントを控えさせていただきます(ドキドキ)。
 今年の長かった梅雨に濡れる紺僕を見ながら、「こんなことではいけない!」との思いを抱き、解決策を模索することになりました。

 まず最初に考えたのは「ガレージの改修=縦方向への延長」でした。季刊Garage Life誌を愛読しているワタシにとっては、「ガレージ内でいろいろ作業する」っていうのは最高のあこがれの対象です(笑)。…が、しかーし!賢明な皆さんならもうお判りでしょう。そう、コレにはかなりの予算が必要になるんです。ごく大雑把に見積もりしてみましたが、洒落にならない額が必要でした(≒紺僕の7~8割)。現在のガレージを壊すのにお金がかかるんですよねぇ。。ということであっさり却下。
 続いて、ターゲットになったのはカーポートです。雨と直射日光だけでも防ごうという訳です。もちろんガレージ・ライフ感はかなり薄れてしまいますが。早速WEBで値段を調べてみると…コレがピンキリなんですね~。片側支持か両側か、屋根の形はどうするか、耐雪や耐風強度は?耐紫外線は?などなど様々な選択肢があって、かなり悩むことになりました。結局、わが家のガレージ前スペースには2台分のスペースがあること、海に近く台風の時などはかなりの強風が吹くことなどを考慮して、柱の位置などを工務店と相談して決定しました。お盆明けから着工し、約1週間で完成したのがこれです。

Cp1

屋根はフラットタイプ…なんですが、実は瓦みたいに一枚一枚少し傾斜がついてるんですね。
Cp2_1 Cp3_1

素材は熱戦遮断タイプFRP、のハズです(^^;
Cp4

9月に入っていきなり涼しくなってしまったので、熱線遮断の効果はよく判りませんが(^^;;、
雨の日でも濡れずに乗り込めるし、少々の風では降りこみもありません。先日の颱風でもとりあえず破損しませんでしたので、耐風性能もとりあえず合格のようです。現時点では大満足ですが、今後メンテナンスなどがどうなるのかが心配ですね。台風一過の今日はかなりゴミが屋根上に溜まっていましたし…

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

颱風

今回は貯め込んだネタではありません^^;。

 実は今、荒れ狂う台風13号のおかげで東京に取り残されてます。
 今日は日帰りで、とあるフォーラムに参加して夕方には福岡経由で帰る予定でした。…んが、やっぱそうだよねぇ。あのコースで台風が来たら帰れる筈がないですよねー。
 「まぁ、いざとなったら新幹線でゆっくり帰るさぁ」とかるーい気持ちで、予定を変えずにやって来ました、花の東京!しかしながら台風は予定通り着々と北部九州を目指す様子です。ちょっと気にかかっていましたが、フォーラムはかなり盛況で途中で抜けるのは難しい。。。そうこうしている内にもう昼休み。「九州方面の空の便は全便欠航」の報が届きます。。もうじたばたしても仕方ありません。じっくりフォーラムに参加して、16時ころののぞみで帰る気持ちを固めました。
 しかーし、フォーラムを終えたワタシを待っていたのは「新幹線も広島~博多は運転見合わせ…」(--;)

ま、こんな時もありますよね。品川に宿をとって、久しぶりにディープな世界、アキバを散策してきましたよ。今はホテル近くのインターネットカフェで、このエントリーを書いています。アキバで仕込んだネタもちょっとありますが、それはまた後日。明日に備えて早く寝よう。

追記 台風が来るとサディスティック・ミカ・バンドの颱風歌を口ずさんでしまふ。。。今年は復活したし。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

武装

長い間の放置状態を反省して、貯め込んだネタを小出しにしていくことを決意いたしました(笑)。その第一弾(いつまで続くのか、いきなり疑問符が…)

納車時にPCからいただいた武器がトランクに眠っていたのですが、せっかくなので装備することにしました。

H1

ちょっと判りにくいかもしれませんね。角度を変えてみると・・・
H2
こ汚いジーンズが一緒に写っていますが、蛍光イエローのライフハンマー?、セイフティーハンマー?、とにかく脱出用ハンマーです。
内側から見ると
H3
こんな感じです。今あらためて拡大してみると、LIFE HAMMERって書いてありますね。商品名でしょうか。
さぁ、これでいざというときも安心…って、活躍の場がなければ一番良いんですが(^^;;)

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

打破

納車から4ヶ月。6000kmの道程をともに過ごしてきた我が紺僕に対する不満がチョビッと出てきたのは先日書いたとおりです。

閉塞状況をなんとか打破すべし!と立ち上がったのは実は先月のことです。しんじさんにも触発され、テクイップメント・パッケージ・プログラムの期限にも追いつめられ、ショートシフターキット注文しちゃいました。

987_teq_244_245_q_1

待つこと10日間…部品がやって来ました。仕事が立て込んでいたこともあり、担当氏に職場までボクスターを取りに来てもらいました。午前中に預けて→キット取付→夕方6時に持ってきてもらいました。こんな時でも移動はキャリアでやってもらって、ホントにありがとう!>担当氏

さーて、インプレですが、カタログ上はシフトストロークは「最大20%短縮」ですが、しんじさんも書いていらっしゃる通り、体感では「50%jくらい短縮されちゃったんじゃないの~」って感じです。横方向はあまり変わりませんが、縦方向はかなり短くなっています。最初はちょっと硬めで、角が残っている様に感じましたが、数週間・500kmの間にすっかり馴染んできました。前の感覚が思い出せないくらいです(笑)。

あー、何処かで思いっきり走ってみたいなぁ。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

鬱積

最近すっかり犬ブログと化し、おまけに更新も滞っております当Blog。こんなことじゃいか~ん…と思いつつ、「何だか忙しいなぁ、時間がないじゃん。遠乗りどころか、通勤以外に紺僕に乗ってもいないし。洗車もしないとなぁ。ブツブツ…」とすっかり不満が溜まってます。

そこで、というわけでもないですが、ボクスターの不満点を考えてみました。

まずはコレ。
Audio

純正オーディオです。ナビを装着される方も多いので、少数派だと思います(BOSEも選択しませんでしたし)。MY06からは素僕でもサウンドパッケージ・プラスが標準になったと記憶しています。
で、何が不満なのか。。音質をどうこう言える耳を持っていないので、音に関してはノーコメントです。操作に関しても隔靴掻痒な所が無きにしもあらずですが、及第としましょう。しかし「圧縮オーディオファイル(WMAとかMP3)が再生できない」のは今時の機械としては不満です。長距離を走るのが楽しいクルマだけに、CDを長時間かけっぱなし出来たらいいなぁと思います。まぁ、だからこそCDチェンジャーがオプションにあるわけですよね(^^; 気付かなかった。HDDナビを買えば解決することではありますが。。。

続いてはコレ。
Spo_chro1_1

スポーツクロノについてくるストップウォッチ、通称“おにぎり”ですが、判りにくいですね。アップにしてみると…

Spo_chro2
お判りでしょうか?6時方向にある分針がリセットしてもキチンと12時を指さないんです。
えー、大半の方にしてみれば「だからどうした?」って感じですが(笑)、ドイツ製品といえば精密!というイメージを持っているワタシにはチョビッとショックだった訳で…特に時計だし。ま、実用上全く問題ないので良いのですけどね。

…ここまで書いてみて、自分でも「どうでもいいことだなぁ」と感じ始めてしまいました。いかん、いかん。ボクスター乗りの端くれとして、もう少し走りに関することを書かねば。。
んー、乗り始めるまではサイズ(幅)や重さが気になっていましたが、納車からそろそろ4ヶ月、5500km以上を跡にした現在、不満はありません。ライトウェイトとは言えませんが(^^;
唯一の不満はシフトストロークですね。サクッと入るので気持ち悪さはありませんし、先人達のBlogなどを拝見するに、986に比べて短くなってはいるようですが、もう少し短い方が好みです。

その他の不満。紺僕で走るのに気持ちのいい道をまだ見つけきれない。犬が言うことを聞かない。週末に仕事が入る。温泉行きたい。きれいなおねぇ☆○■◇ry。ココログが重い、のは改善されたようですが。

なんとかこの閉塞状況を打破せねば!ってことで、どーする俺!続く(?)。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

〇七

いやぁ、最近はココログが重くて重くてとても更新できる状態じゃありません。。。閲覧は問題ないんですけどね。ワタシの所だけなのでしょうか?

こんな状態ではとても写真なんてアップできないので文字のみのエントリーです。これがいつup出来るかも@Niftyの気分次第なのかも知れませんが(^^;。

10日前に受け取った担当氏からのメールに、MY07に関する話題がありましたのでちょっとご紹介します。

「2007モデルの生産計画がPJから届いてきたんですが、06モデルの抽選枠から外れてしまわれた方々が、かなりいらっしゃったみたいで、」

以下内容を抜粋すると、ケイマン(ベースモデル)、ボクスターSはほぼ各月生産枠が残っており、さらに
カレラ(LHD TipS)、カレラS(LHD TipS)、カレラS(RHD MT)、カレラ4S(LHD TipS)に生産枠の余裕(と言ってもかなり先のモノも含んで)があるようですが、それ以外のモデルは「ほぼ完売の状況」だそうです。
やはり今年も順調のようですね>PJ

担当氏のメールも、「これからの商談はMY08とかなり気の遠くなるお話になってしまいそうで...。正直泣きが入ります。」と涙で終わっていました。
しかし、ワタシが注目したのは…そう!カレラSです。RHD+MTの生産枠が確保されている?!にわかには信じがたい話ですが、徐々にRHD+MTも増えていくのでしょうか。。

とりあえず投稿してみます。反映されるかどうかは判りませんが(苦笑)

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

反省

静岡往復を終えて、あれよあれよという間にオドメータが4000kmをこえたので、5月27日小雨の降る土曜日、いそいそとオイル交換に行って参りました。

Pcy

雨の降るなかドック入りする紺僕です。
お隣のピットでは、なぜか古いレーシングカートの整備中でした(笑)。お客さんからの依頼らしいです。PC山口何でもやるなぁ。。

Ex_pipe Muf

等長ではないエキマニです(泣)。Sが羨ましいです。。
スポーツテールパイプはケイマンS用のオプションですが、こうしてみるとかなり短いんですね。エンジン周りには問題もなく、7.5lのオイルを飲み込んで作業は終了です。スティックがないので、オイルレベルメータで確認するんですが、これにかかる時間がまちまちなので作業時間が読み切れないそうです。
Mobil1
当たり前ですが、指定のオイルです。7.5リットル…\18,000なり(^^;; 合計で\25,000位でした。

実は心配していたことが現実になってしまいました。段差のある部分をそこそこのスピードで走った時に、「ガガッ」とやっちゃっていたんですが、やっぱりこんなになっちゃってました。
Scar_1 
せっかくの真っ平らなアンダーパネルだったのに(悔)。
ごめんね紺僕、痛かっただろ。。これからはもっともっと気を付けます。これからもよろしくな。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

長征

4月、紺僕納車で浮かれまくっていた訳でもないんですが、5月はちょっと多忙になりまして、更新が滞っておりました。その間も拙Blogにおいでいただいた方々<ありがとうございます&お詫びいたします。約2週間ぶりのエントリーになります。

前回内装についてupした後のことです。各地から入梅の報せが届きはじめ、日本全国雨模様が続いていましたが、久々に移動性高気圧が頑張ってくれて、梅雨前線を押しのけてくれました。「週末は太平洋側の広い地域で晴れるでしょう」と天気予報が告げた時、ワタシの気持ちが固まりました。
「週末の静岡出張には、紺僕で出撃するぞ!」
納車ツーリングでも知らず知らず距離が伸びており、長距離乗っても疲れにくいクルマだと感じておりましたし、なにより早めに慣らしを終えてしまいたいと思っていたんです。
さて、前日は早めに寝て、早起きして出発…の予定だったのですが、仕事の積み残しがあったり、犬と遊んだり、興奮して寝付けなかったり、雨が残っているのが心配だったりで結局はお昼前の出発になりました。目指すは東へ800kmの彼方、静岡市です。
出発して早々、公務中の白黒の車や一般車を装った公務中の車(笑)を、立て続けに目撃してしまい出足は上々です(^^;;)。げんなりしたので広島の手前、宮島SAで小休止をとりましたが、その後は一気に山陽道+中国道を駆け抜けることが出来ました。ほぼ6速ホールドでしたが、低めの回転数からもスムースに加速してくれるのでストレスフリーで走れますね。名神にはいるとさすがに都会です。一気にクルマ密度が上がり、大阪や京都ナンバーのクルマで周囲が埋め尽くされていきました。渋滞するほどではありませんが、怪しげなクルマがいたりして、皆さん比較的大人しく走っています。多賀SAで小休止+遅めのお昼をかるく食べてまだまだ遠い先を急ぎます。…とここで事件発生!!

ガム踏んじゃいました(苦笑)。

いや笑い事ではなくて、左足のかかとについてしまったのでクラッチワークの度にカーペットに擦り込む事になり…(T_T) 次のPAで大まかにはきれいに出来ましたが、渋滞情報も出始めておりとりあえず名古屋を目指します。皆さんガムはゴミ箱に。
幸い渋滞もなく名古屋を通過。いよいよあこがれの(笑)東名です。「静岡まで***km」と言った表示にも勇気づけられながら、無事到着することが出来ました。ホテルで同行者と合流して、夜は美味しいマグロと桜エビを堪能いたしました。片道800km走った後とは思えないほどたらふく食べられましたので、疲れはあまりなかったのでしょう。。桜エビサイコー!

翌日は仕事本番です。…が隙を見ていってきました。
Miho_matsu
三保の松原です。生憎と富士山はうっすらとしか拝めませんでした。写真では殆ど判りませんね。16:00前に仕事を終えて同行者を静岡駅に送って、さあ帰路に…つきませんでした(笑)。
駅から15分くらいでしょうか、しんじさんに教えてもらっていた日本平パークウェイでちょっぴりお楽しみ♪♪
これだよ、こういう路なんだよ、紺僕で走りたかったのは…初めてのトコですし、バイクの皆さんもカッ飛んでいらしたのでセーブして走りましたが、初夏の瑞々しい緑の中に僕星の排気音が響き、つかの間の至福の一時を過ごしました。
Nihondaira
頂上でパチリ。一往復で止めるつもりでしたが、もちろん止められず(笑)。何回か走っているウチに964と遭遇しました。駐車場で少しお話しさせていただきましたが、初対面でもすぐお話しできるのが、ポルシェ乗りのイイ所ですね。
すっかり出発が遅くなったうえに、豊田JCTで渋滞に巻き込まれましたが、事故もなく帰り着きました。オドメータは3800km。すっかり慣らしも終了です。静岡IC直前に給油して、下松SAまで約750km無給油でたどり着くという驚異の燃費(車載コンピュータで最大12.2km/l !)も記録でき、楽しいツーリングとなりました。おみやげは新茶と前面にこびりついた虫たち…なかなか落ちませんねー。。

結論 ボクスターは長距離乗っても疲れない楽しいクルマだけど、一泊二日で静岡はツライ(笑)

慣らしも終わったので、オイルを交換してきましたが、それはまた次のエントリーで。
kenさんからのリクエストで前からの写真をupしてみます。
R_front2 L_side

Sea_side2 Sunset_side
最初のセレクションからもれた写真ですから、出来はご容赦下さい。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧