2006年5月 7日 (日)

聖地

いささか旧聞に属するエントリーになりますが、GW突入前の日曜日、東京出張を口実に閉館前の交通博物館に行って参りました。そのスジの方ならご存じでしょうが(笑)、5月14日をもって閉館が決まっています。ワタシは幼少期を世田谷で過ごしたんですが、当時の男の子らしく(?)「乗り物大好き」だったので度々連れて行ってもらっていたようです。当時のワタシにとって秋葉原は電気街でも、メイドの街でもなく「博物館のあるところ」だったんですね。当時の記憶は曖昧で、いろいろな模型や実物の機関車に興奮していたことだけ鮮烈に思い出します。田舎に引っ越した後も何回か訪れていたんですが、さすがにここ20年くらいは足が遠ざかっていました。昨年末、閉館の話を聞いてから何度か行くチャンスを狙っていたんですがやっと実現できました。

Kouhaku1_1  Kouhaku2

閉館前でいろいろな催しが開かれており、入館前からかなりの行列ができているような噂を聞いていたのですが、チケットはつくばエクスプレス開業により新装なった秋葉原駅(久しぶりに訪れてビックリ!)で売られており、思ったよりすんなり入館できました。しかし玄関横の新幹線とSLや、神田川沿いの煉瓦壁は、絶好の被写体としてカメラを手にした方々の熱い視線を浴びていました。この煉瓦壁夜間はライトアップされているみたいですね。
さすがに内部は人でごった返しておりました。閉館・移転の一番の理由である面積の狭さにくわえて、ワタシのような郷愁に駆られたオヤジが多数押しかけたからでしょうか(笑)。久々の来館であり、人混みに押されて順路も定まらなかったので、さよならキャンペーンの一環であるスタンプラリーの順に見学することにしました。
Kouhaku3_1 Kouhaku4

入館して正面の機関車ホールはあまり変わっていないようでしたが、壁面には交通博物館の歴史をたどる写真が飾られており、機関車にも「さよならヘッドマーク」が取り付けられています。記憶が定かでないんですが、最初から機関車は2両だったかなぁ…?
Kouhaku5
壁を彩る機関車の形式票です。

そして交通博物館といえばコレ。
Kouhaku6
模型鉄道パノラマです。30分おき(?)の運転中はちびっ子や大きいお友達(笑)が十重二十重に周りを取り囲んでおり、とてもじっくりとは見ていられません。ワタシたちが見た時は脱線+衝突事故など波乱もありましたが、職員の方がテキパキと復旧されていました。

トレインシミュレータや、ATCのシミュレータなども子供たち(だけではないようですが)に大人気で凄い行列でした。ワタシが子供の頃目を輝かせた、アプト式線路の模型や、スイッチバックなど地形克服モノのコーナーも健在でした。当時夢の技術と思っていた関門トンネルの模型横には、すでに青函トンネルが展示されており、時代の流れを感じました。
そもそも開館時は鉄道博物館だったのですから、鉄道関連の展示が中心であり、そういった場所だけが混んでいるのかと思えばそうでもなく、船舶、航空機エリアもかなりの人出でした。なぜか交通博物館ではクルマの扱いが少なくて、そこだけはヒトもやや少なめでしたが。。

人混みにもまれながらスタンプラリーをやり遂げ(笑)、ゲットしたクリアファイルです。
Kouhaku7

コレをお土産にして現地を離れたのですが、その時には入館の行列ができていました。GW中はもっと多かったでしょうね。
交通博物館は来年10月14日(鉄道の日)に、さいたま市に移転・開館するようです。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

忘却の旅

 ボクスターのオプション選びに疲れ果てたので(ウソ)、遅い夏休み(?)をとりました。今回の行き先は霧島妙見温泉!長い休みは取れなかったので、近場で浮き世を忘れられる場所…って事で選んだ宿は忘れの里雅叙苑。最近すっかり有名どころになりました。

isaburohayato 普通に行ってもつまらないので、最近なかなか乗る機会が少なくなった在来線特急を多用して行ってきました。リレーつばめで熊本→くまがわに乗り換えて人吉→いさぶろうで吉松→はやとの風で隼人と九州新幹線つばめ開業に伴って創られたJR九州の観光列車を乗り継いでみました。鉄道マニアとおぼしき方々も何人かお見かけしましたが(^^ゞ家族連れも多く、いずれの列車もほぼ満席と、JRの思惑はひとまずは当たっていると言うことでしょうか。スイッチバックやループ線などでは男性陣を中心とした大人も大喜び!「男ってみんなこういうの好きなんだなぁ」と改めて認識しました 時間はかなり余分にかかったハズなのですが、そんなこと忘れてしまえる魅力があったと言えるでしょう。

switchback さてたどり着いた雅叙苑ですが、坂道を下ろうとすると、有名な「にわとり優先」の看板が迎えてくれました。往路で培われたのんびりした時間がさらにゆっくりとなっていきます。茅葺きの宿にチェックインした後はひたすら風呂に入り本を読み、ボーっとするしかありません。温泉は源泉かけ流し。大岩をくり抜いた湯船あり、うたせ湯あり、川沿いの露天風呂ありと、はしごをするうちに脳みそがほぐれていくのがわかります。野菜をふんだんに使った夕餉や、押しつけがましくない心配りなどもてなしの心が伝わって、囲炉裏を囲んでのカッポ酒も、全国から集まった他の旅人との会話も、混然と溶けあってゆっくりと時間が過ぎました。あまりにものんびりしていてデジカメのバッテリーが切れてしまい、写真は全くありません(^^;

 翌日は雅叙苑の持つヴィラ「天空の森」で過ごしました。しっかり充電も終わったことだし、頑張りましょう。仕事だ仕事!あと、オプション選びもねw。

| | コメント (4) | トラックバック (0)