« 家族 | トップページ | 青春 »

2006年5月 7日 (日)

聖地

いささか旧聞に属するエントリーになりますが、GW突入前の日曜日、東京出張を口実に閉館前の交通博物館に行って参りました。そのスジの方ならご存じでしょうが(笑)、5月14日をもって閉館が決まっています。ワタシは幼少期を世田谷で過ごしたんですが、当時の男の子らしく(?)「乗り物大好き」だったので度々連れて行ってもらっていたようです。当時のワタシにとって秋葉原は電気街でも、メイドの街でもなく「博物館のあるところ」だったんですね。当時の記憶は曖昧で、いろいろな模型や実物の機関車に興奮していたことだけ鮮烈に思い出します。田舎に引っ越した後も何回か訪れていたんですが、さすがにここ20年くらいは足が遠ざかっていました。昨年末、閉館の話を聞いてから何度か行くチャンスを狙っていたんですがやっと実現できました。

Kouhaku1_1  Kouhaku2

閉館前でいろいろな催しが開かれており、入館前からかなりの行列ができているような噂を聞いていたのですが、チケットはつくばエクスプレス開業により新装なった秋葉原駅(久しぶりに訪れてビックリ!)で売られており、思ったよりすんなり入館できました。しかし玄関横の新幹線とSLや、神田川沿いの煉瓦壁は、絶好の被写体としてカメラを手にした方々の熱い視線を浴びていました。この煉瓦壁夜間はライトアップされているみたいですね。
さすがに内部は人でごった返しておりました。閉館・移転の一番の理由である面積の狭さにくわえて、ワタシのような郷愁に駆られたオヤジが多数押しかけたからでしょうか(笑)。久々の来館であり、人混みに押されて順路も定まらなかったので、さよならキャンペーンの一環であるスタンプラリーの順に見学することにしました。
Kouhaku3_1 Kouhaku4

入館して正面の機関車ホールはあまり変わっていないようでしたが、壁面には交通博物館の歴史をたどる写真が飾られており、機関車にも「さよならヘッドマーク」が取り付けられています。記憶が定かでないんですが、最初から機関車は2両だったかなぁ…?
Kouhaku5
壁を彩る機関車の形式票です。

そして交通博物館といえばコレ。
Kouhaku6
模型鉄道パノラマです。30分おき(?)の運転中はちびっ子や大きいお友達(笑)が十重二十重に周りを取り囲んでおり、とてもじっくりとは見ていられません。ワタシたちが見た時は脱線+衝突事故など波乱もありましたが、職員の方がテキパキと復旧されていました。

トレインシミュレータや、ATCのシミュレータなども子供たち(だけではないようですが)に大人気で凄い行列でした。ワタシが子供の頃目を輝かせた、アプト式線路の模型や、スイッチバックなど地形克服モノのコーナーも健在でした。当時夢の技術と思っていた関門トンネルの模型横には、すでに青函トンネルが展示されており、時代の流れを感じました。
そもそも開館時は鉄道博物館だったのですから、鉄道関連の展示が中心であり、そういった場所だけが混んでいるのかと思えばそうでもなく、船舶、航空機エリアもかなりの人出でした。なぜか交通博物館ではクルマの扱いが少なくて、そこだけはヒトもやや少なめでしたが。。

人混みにもまれながらスタンプラリーをやり遂げ(笑)、ゲットしたクリアファイルです。
Kouhaku7

コレをお土産にして現地を離れたのですが、その時には入館の行列ができていました。GW中はもっと多かったでしょうね。
交通博物館は来年10月14日(鉄道の日)に、さいたま市に移転・開館するようです。

|

« 家族 | トップページ | 青春 »

コメント

やっぱり俺にはレールの上を歩くなんてできねえぜ!!。(爆)

投稿: COOPER99 | 2006年5月 7日 (日) 17時11分

ぬお~っ、聖地巡礼果たされたんですね!
ボクは普段このすぐ近くをウロウロしてます(笑)
この前、20系あさかぜが
陸路埼玉に移送されたのですが
いずれその新博物館に展示されるのでしょうかね。。。

投稿: giacomo | 2006年5月 7日 (日) 17時49分

やっぱり俺には敷かれたレール通り行くなん
てできねえぜ!!(まねっこ(笑))

投稿: ryo | 2006年5月 7日 (日) 21時18分

東京へいらしゃっていたのですね。
以前から、必ずお迎えにあがると、いっていたじゃないですか(笑)
交通博物館の閉館は寂しいですけれど、移転先は広くなるハズなので、今後の展開が楽しみですね!来年10月14日(鉄道の日)に、お待ちしております(笑)

投稿: セイウチ | 2006年5月 7日 (日) 21時40分

>COOPER塾長、こんばんは!
やっぱり、綺麗なおねぃさんの上を渡り歩かれるんでしょうか(爆)?

投稿: Celeste | 2006年5月 7日 (日) 21時53分

>giacomoさん、こんばんは!
はい!巡礼いたして参りました。
なんと!20系を目撃されたんですか!giacomoさんの出没エリアだとは思っていたのですが、それは羨ましいです。動くホテルは子供の頃一番の憧れでした。。。(遠い目)

投稿: Celeste | 2006年5月 7日 (日) 21時56分

>ryoさん、こんばんは~
やっぱり、綺麗なおね(以下略、爆)

投稿: Celeste | 2006年5月 7日 (日) 21時57分

>セイウチさん、こんばんは!
コメント&お誘いありがとうございます。
今回は家人も一緒でしたので、さすがにほったらかす訳にもいかず・・・(^^;)
次回は必ず!遅くとも来年の鉄道の日ってことでよろしくお願いいたします。

投稿: Celeste | 2006年5月 7日 (日) 21時59分

今回の移送は、
翌朝、写真入りの新聞記事で見たのですが、
ちなみに、ボクは子供の頃
20系あさかぜで博多(だったかな?)まで行きました(エッヘン!)
帰りは西鹿児島から東京まで「富士」でした(エッヘン!×2)
ただし三段B寝台でしたが、もちろん(笑)

投稿: giacomo | 2006年5月 7日 (日) 23時30分

東京出張中に建物と新幹線車両は電車からちょくちょく覗いていましたが、結局中に入ることはありませんでした。
1度くらい行ってみればよかったと後悔しています。

投稿: qwerty | 2006年5月 7日 (日) 23時38分

私も子供の頃何回も行きました。懐かしいですし、閉館は悲しいですね。
少年時代は鉄道&SLッ子でした。giacomoさんの20系あさかぜ羨ましいですう。富士は乗ってませんが日豊本線で写真だけは撮りまくってます(笑)

投稿: manx | 2006年5月 8日 (月) 10時10分

>giacomoさん、こんばんは!
寝台特急は山陽本線までしか経験無いです。。寝相が悪いのに20系3段式の一番上に寝たがって親を困らせました^^;。西鹿児島-東京の富士はめちゃくちゃ羨ましいです!!

投稿: Celeste | 2006年5月 8日 (月) 20時46分

>qwertyさん、こんばんは!
qwertyさんはそのスジの人ではないんですね(笑)。乗り物好きなら楽しめる場所だったと思いますが、ご縁がなかったようですね。新装オープン時に大宮ではいかがですか?

投稿: Celeste | 2006年5月 8日 (月) 20時52分

>manxさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。リニューアルするためとはいえ、何となく寂しいですよね。
とまれmanxさんも同じような幼少期を過ごされたようで嬉しいです(笑)。日豊本線な方だったんですね。ワタシは山陽本線で青い機関車が引っ張る富士を見ていました。

投稿: Celeste | 2006年5月 8日 (月) 20時56分

Celesteさん、manxさん(はじめまして!)、
みなさん、「富士」を山陽本線や日豊本線で
ご覧になっていたのですね!
なんだかそれだけで嬉しくなって
しつこくまた書いてしまいましたっ。
Celesteさん、鉄イタじゃないのにごめんなさい(笑)

投稿: giacomo | 2006年5月 8日 (月) 21時11分

>giacomoさん、再びこんばんは(笑)!
giacomoさんにここまで反応していただいてすっごく嬉しいです。実はそのスジの方だったんですね^^;
トワイライト・エクスプレスの展望スイートも経験されたんですよねぇ。。これまたすっごく羨ましいです。

投稿: Celeste | 2006年5月 8日 (月) 23時29分

昔と変わっていないようですね!懐かしい・・
それにしても寂しいです。
いつか行かなければと思っていましたがちょっと無理そうです。・・・残念
ここしばらく屋根の上の引込み線にいろいろな車輌が交代で展示されていました。
山手線の神田川の橋からチラッと見えていたんですが、JRも粋な計らいしますね!
秋葉原といえば、子供の頃は交通博物館にラジコン屋・学生時代は輸入盤にオーディオ
電気街は見る影も無く、交通博物館も無くなって・・秋葉原はどうなっちゃうんでしょう?

投稿: jzpower | 2006年5月 9日 (火) 03時04分

>jzpowerさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。ここにもそのスジのヒトが…(笑)
展示物には大きな変化はなさそうに感じましたが、「こんなに狭かったっけ?」って感じでしたね。引き込み線上の車両には気がつきませんでしたー(ToT)。JRにそんな計らいが出来るなんてちょっとビックリです。
アキバはしばらくはメ○ドさんの街になりそうです。電気街口を出たら7、8人の○イドさんがビラか何かを配っていました。誰も注目していないので、当たり前の光景なんでしょうね。。。

投稿: Celeste | 2006年5月 9日 (火) 17時55分

私も、交通博物館が閉館と聞いて、2月に行って来ました。今でも懐かしい車輌が展示してありますよね。子供の頃、国鉄特急にヘッドマークが付いた際に、そのヘッドマークを付けた前方写真を貼った下敷きを館内の売店で買った覚えがあります。
「富士」や「はやぶさ」はあこがれで、いつかは乗りたいと思っているのですが、いまだに縁が無いんですよねぇ。寝台特急の経験は、「はくつる」と「日本海」「サンライズ出雲」だけです。それと、寝台ではありませんが、夜行の「急行 利尻」に乗ったときは、キツかったなぁ~。今年の夏休みは、鉄道の旅でもしたいものです。

投稿: Tristan987 | 2006年5月12日 (金) 01時10分

急行利尻!あまり懐かしすぎて反応してしまいました。
北海道周遊券を使って旭川から下りの利尻に乗り、真夜中にすれ違い様上りの利尻に乗り換えて宿代を浮かすという荒ワザに重宝しました(笑)
昔の北海道にはいろんな列車がありましたね。寝台車連結の鈍行夜行ってのも楽しかったです。

投稿: manx | 2006年5月12日 (金) 11時41分

>Tristanさん、こんばんは~
おー、お仲間ですね!2月にいらっしゃったのなら、人もさほど多くなくゆっくり見学できたのではないでしょうか?
自由度の高いクルマの旅もイイですが、鉄道の旅には旅情と言う言葉が似合う気がします。ただのノスタルジアやセンチメンタリズムかも知れませんが(^^;
年に1回くらいは汽車旅してみたいですね。

投稿: Celeste | 2006年5月12日 (金) 23時37分

>manxさん、こんばんは!
またまた反応ありがとうございます。
残念ながらワタシは利尻に乗ったことはないです。西国の者なので夜行急行や夜行鈍行と言えば「さんべ」、「かいもん」とか「ながさき」を思い出しますね。

投稿: Celeste | 2006年5月12日 (金) 23時41分

いや〜、こんなに反応していいのかな〜(汗)
西方面はちょっと古いんですが東京ー西鹿児島間運行時代の「桜島」と「高千穂」に乗りました。全線じゃなく大阪以西のみですが。日豊本線は当時C57が健在で実はそれを見に行ったんですが、高千穂はDF50牽引でした。
いかん、民間のブログでこんなコアな話を・・・(笑)
当時の写真スキャンせねば。

投稿: manx | 2006年5月13日 (土) 00時14分

>manxさん、またまたこんばんは(笑)!
次々貴重なネタがに出てきますね~
>>こんなに反応していいのかな〜(汗)
もちろんOKでーす!しかしホントに色々と経験されてますねぇ。ぜひその一端でもBlogに上げていただきたいですね!ボクスターを購入するまでの時間つぶしにでも(^^;
写真楽しみにしていますよ♪

投稿: Celeste | 2006年5月13日 (土) 00時26分

交通博物館のファンの方多いんですね。残念ながら私は話題についていけませんでした。
しかし新聞に、今日で交通博物館閉館という記事が載っているのを見た夫は、しばらく汽車の話で一人盛り上がっていました。子供の頃、列車百科事典(?)という本があって、全ての車輌の写真とデータが載っており、そりゃ~面白かったとのこと。
どうして男の人は乗物好きが多いのでしょうねー(笑)

投稿: odosiotare | 2006年5月14日 (日) 13時06分

>odosiotareさん、こんにちは!
かなり偏った話題にもコメントいただき、ありがとうございます(笑)。
どうやらご主人にも同じニオイがしますねぇ。でもボクスターSをMTで、さらにRHDで乗るodosiotareさんも、十分過ぎるほどのクルマ好きだと思うんですが…鉄道系のネタは別物ですかそうですか(笑)。懲りずにこれからもよろしくです。

投稿: Celeste | 2006年5月15日 (月) 13時19分

う~ん、この板(?)は鉄分の匂いがプンプンするぞ。う~む。
またまたしつこくgiacomoでしたー。(笑)

投稿: giacomo | 2006年5月15日 (月) 21時36分

>giacomoさん、こんばんは!
またまたご登場いただきありがとうございます(笑)。。
仕事に追われて、新規エントリーの投稿ができずにいるワタシですが、交通博物館のエントリーにこれだけコメントがいただけるとはちょっとビックリです(嬉)。皆さん鉄分不足、というよりはけ口不足だったのでしょうか…^^;
giacomoさんからも鉄っぽい香りが…

投稿: Celeste | 2006年5月16日 (火) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120678/9943151

この記事へのトラックバック一覧です: 聖地:

« 家族 | トップページ | 青春 »