« 放心 | トップページ | 逡巡 »

2005年11月21日 (月)

起点

前述の通り、とりあえずオプションを決めて放心状態のワタシですが、記憶が新しいうちに選択の過程を思い出して総括しておこうと思います。自分でも判らない部分もありそうですが(^^;

まず、手始めは「なぜボクスターなのか、なぜ987なのか」から。
ワタシの前愛車はユーノスロードスター(初代)、現愛車はMR-S(前期型)とワタシの好みは、所謂「ライトウェイト・オープンスポーツ」です。MR-Sの走行距離が7万キロを超えてややヘタリが目立ってきたことから、リフレッシュか買い換えかを検討することになった時、まず候補に挙がったのはロータスエリーゼでした。クルマの雑誌を買いあさり、「S2のデザインにも馴染んできたことだし、軽さはなんといっても魅力的だよなー」なんて判ったようなことを言ってました。ローバーの破綻でKシリーズエンジンは供給できるのか、新しいトヨタエンジンはどうかなどとやや迷いが出てきた頃、各雑誌に997が大々的に取りあげられました。
「ムムム、これは…イイじゃん」スーパーカー世代ど真ん中、小学校の頃はカメラを抱えてカウンタックLP500Sに張り付いていたワタシにとって、ポルシェはまさにスーパーカーです。少々頑張ったところで、手が出るはずもありません。おまけに空冷時代のポルシェのイメージが張り付いています。「最新のポルシェは…」と言う名言は知っていても、何となく水冷ポルシェ996にはあまり興味を持てずにいました。
が、997は一目惚れに近い状態でした。むさぼるように記事を読みますが、これまた絶賛状態。提灯記事かなと思っていても、「いーよなー、なんてったってナインイレブンだよ」と、すっかりにわかポルシェファンです。。。しかしオープンではないもんな…
あ、ボクスター。。。。それから指折り数えて987の発表を待ちます。  (続く)

|

« 放心 | トップページ | 逡巡 »

コメント

わくわくするお話が始まりましたねっ。
これからをまた楽しみにしています!
MR-S:7万キロというのは、如何に身体にはもとより
生活にもよーく馴染んでいた愛車だったということがよく伝わってきます。
(追伸)放心、というのも実感としてよくわかります(笑)

投稿: giacomo | 2005年11月22日 (火) 10時42分

>giacomoさん、こんにちはっ!
>わくわくするお話が始まりましたねっ。
いや、あの、その、そんなに奥のある話にはならないと思うんですが(大汗)。。。ワタシの備忘録代わりですし。
MR-S、いい相棒ですよ。全く気を遣わなくて良いし、軽いので燃費も良好でした。ただ「官能」とか「情熱」という感じではないですね。何につけても軽さを感じるクルマです。

投稿: Celeste | 2005年11月22日 (火) 13時28分

私もブログを開設しましたので、トラックバックさせて頂きました。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: qwerty | 2005年11月22日 (火) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 起点:

» 遅ればせながら [箱星に祈る]
ボクスター関係ブログに時々お邪魔していた私 qwerty も、ついにブログを開設 [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 (火) 23時55分

« 放心 | トップページ | 逡巡 »