« 起点 | トップページ | 回顧 »

2005年11月22日 (火)

逡巡

さて、997にすっかり魅せられたワタシですが、まだ頭の中はElise優勢です。そのころ読んでいた雑誌をひっくり返してみると、「エリーゼ111Rを評価軸にしたライトウェイトスポーツカー偏愛講座(AUTO Jumble vol.57)」などという文字が並んでいます。ココで対抗馬として引き出されているボクスターはまだ986でした。111は830kg、111Rは880kg、986は1340kgとやはり車重はかなり違います。もちろんエンジン出力も違いますが。。。
そのころから、我が家では嫁さんの車をMINI Convertibleに買い替える話が進行しており、ワタシのクルマ選びエネルギーはやや低下してしまいました。それでもMINI関係やElise関係の特集記事のある雑誌は、ちょこちょこと購入しており、そして…お・ま・ち・か・ね♪987登場です!
「これまた、いいねぇ!」997とは少し顔が違いますが、987の第一印象も良好です。特に986のお尻が好きだったワタシには、リアビューの意匠が大きく変わらなかったことは朗報でした。価格帯もElise 111Rとほぼ同じです。さあて、ワタシは逡巡モードに陥ってしまいました。同じミッドシップレイアウトのオープンカーですが、前述のように車重もパワーも全く違います。目指すところが違うわけで、クルマが判る人から見たら「なーに悩んでるんだか…、好みの問題じゃん」ってことになるでしょうが、悩んじゃったモノはしょうがないですよね。
さあ、ヒラリヒラリ感の究極版か、剛性感の固まりか?メトロノームのように心が揺れながら、MINIは納車され、春が来ました。
(また続く。まとまりなくてごめんなさい)

|

« 起点 | トップページ | 回顧 »

コメント

ロータスって、「名門ロータス」というのが正式名称かとすら思ってしまうほど、なんともエキゾチックな響きがありますよね。
確かに目指す方向が異なる二車なのかもしれませんが、似たようなクルマで迷うことよりも、結局全然違うクルマで迷ってしまうことが多いように、ふと思いました。
少し重くなるかもしれませんが、新型ヨーロッパ、出るとすれば楽しみです!

投稿: giacomo | 2005年11月23日 (水) 16時10分

エリーゼは私も少しだけ候補に考えたのですが、なにぶん田舎在住で近くに正規ディーラーもロータスを扱った実績のある工場も無いので、あきらめました。

投稿: qwerty | 2005年11月23日 (水) 17時40分

>giacomoさん、こんばんは。
いろいろとゴタゴタが多いのも名門の証かも(^^;。しかし初代ヨーロッパの実物を初めて見た時の衝撃は忘れられません。「低いっ。。。他のクルマの下に潜っちゃうんじゃないか?」新型ヨーロッパにはワタシも期待しています。復活というつながりではジュネーブでお披露目されたフェノメノン・ストラトスにも期待しています。

投稿: Celeste | 2005年11月24日 (木) 21時09分

>qwertyさん、こんばんは。
Eliseは数年前から、かなり真剣に考えていました。モデルをどれにするか、色をどうするか、何処までモディファイするかなんて夢想に耽っておりましたが、qwertyさんと同じく、ディーラーがネックになり徐々にトーンダウンした次第です。田舎はツライですねぇ。もしランボとか欲しくなったらどうしよう(苦笑)

投稿: Celeste | 2005年11月24日 (木) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逡巡:

« 起点 | トップページ | 回顧 »